二重部分切開法

二重部分切開法は、二重になるラインをわずかに切開し、内部処理を行って、二重を作る方法です。

埋没法とは違い、内部処理を行うので、二重が戻ってしまう心配はありません。

全切開法よりも傷や腫れが小さくてすみます。

ある程度、脂肪をとることも可能ですが、全切開ほどすっきりとは取れないのと、余剰皮膚を除去することはできません。

希望の二重の幅や形、瞼の状態などによって、一か所のみの切開や、小さく2か所の切開などの方法で行います。

埋没法で何度も二重が戻ってしまった方、全切開ほどのダウンタイムが取れない方におすすめです。

局所麻酔で可能です。

3~4日後に抜糸が必要で、目元の洗顔やメイクは抜糸後翌日から可能です。

傷跡は二重のラインになり、しばらく赤味がありますが、最終的にはほとんど目立たない傷となります。

ドクターに相談してみる
カウンセリングを予約する

▲このページのトップへ戻る

診療メニュー
お悩み別メニュー

目もと・二重
しわ・たるみ
輪郭
しみ・くすみ
肝斑
アンチエイジング
にきび・にきび跡・毛穴
赤ら顔・血管腫
ほくろ・イボ
しわ・たるみ
Tatoo・アートメイク除去・アザ
ボディー
痩身治療
豊胸・バスト
女性器
わきが・多汗症
その他
その他
脱毛
点滴BAR
ドクターズコスメ
花粉症ボトックス
プチ整形(注入治療)
薄毛治療
処方・その他

キャンペーン実施中

麗ビューティーエステ

麗ビューティーオンラインショッピング

居原田麗院長ブログ

増田陽子ブログ