PRP療法

PRP(自己多血小板血漿)療法とは、ご自身の血液を用いて肌の再生を促す、最新のシワ・タルミ治療法です。
ほうれい線、目の下のクマ、くぼみやシワなどに効果があります。

血液に含まれる血小板の、創傷治癒効果(できた傷を治す働き)に着目し、濃縮した血小板を注入して創傷治癒を促す治療法がPRP注入療法(自己多血小板血漿療法)です。 注入した部位で、創傷治癒反応が起きるため、繊維芽細胞の活性化やコラーゲンの増成が起こり、若返りが可能な再生医療として注目されています。

当院では、PRP療法W-PRP療法S-PRP療法の3種類があります。

W-PRP療法では、血小板にさらに白血球を抽出して加えることにより、さらに創傷治癒反応が進み、さらなるコラーゲン生成が可能となりました。
S-PRP療法では、W-PRPにさらに繊維芽細胞増殖因子の成長因子製剤を加えることにより、何倍もの効果が得られるようになりました。

法令線や目の下のくぼみ、シワ、などにはS-PRP療法がおすすめです。
ちりめんジワやハリ感のUPが欲しい場合には、W-PRP療法がおすすめです。
S-PRP療法によって得られた効果は、長期間持続することも可能です。

即効性はないですが、2週間程度からふっくらしてきます。3か月程度で落ち着かれる方が多いですが、個人差があります。
その作ったコラーゲンを長期間自分のものとして持つことができるのです。

 

カウンセリング

 

採血

 

麻酔クリーム
血液の処理に約30分要しますので、その間麻酔クリームを塗ってお待ちいただきます。

 

注入
非常に細い針を使用しますが、内出血の可能性があります。その場合は1~2週間で消えますので、メイクにてカバーしてください。

 

施術後
施術部位のむくみは数日から1週間程度ですが、個人差があります。
S-PRPの場合、くぼみやシワに注入しており、くぼんだ所が効果がでたかのようにふっくらむくむので、気になるようなものではありません。
W-PRPの場合、ちりめんジワの気になるところ全体に施術しますので、元がくぼんでいる場所ではない場合、むくみが気になる場合があります。個人差もありますが、1週間程度でおさまります。



ドクターに相談してみる
カウンセリングを予約する

▲このページのトップへ戻る

診療メニュー
お悩み別メニュー

目もと・二重
しわ・たるみ
輪郭
しみ・くすみ
肝斑
アンチエイジング
にきび・にきび跡・毛穴
赤ら顔・血管腫
ほくろ・イボ
しわ・たるみ
Tatoo・アートメイク除去・アザ
ボディー
痩身治療
豊胸・バスト
女性器
わきが・多汗症
その他
その他
脱毛
点滴BAR
ドクターズコスメ
花粉症ボトックス
プチ整形(注入治療)
薄毛治療
処方・その他

キャンペーン実施中

麗ビューティーエステ

麗ビューティーオンラインショッピング

居原田麗院長ブログ

増田陽子ブログ