ニキビ治療 低用量ピル

ニキビ治療 低用量ピル

生理前に特にひどくなる人、ストレスフルでニキビが悪化した人には低用量ピルがおすすめです。
ニキビの原因の一つにホルモンバランスの乱れが挙げられます。
女性の場合、生理前には女性ホルモンと呼ばれるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが変化しやすくなり、男性ホルモンに影響を及ぼします。男性ホルモンが増えると、皮脂分泌が盛んになります。皮脂分泌が過剰になると口の周り(あごや頬など)にニキビができやすくなります。

ストレスによっても男性ホルモンが増加するので、ニキビの悪化をもたらします。
ホルモンバランスの乱れが原因でできるニキビの方は、ホルモン剤(低用量ピル)を飲むことで、ホルモンバランスの乱れを整え(正常化)、にきび改善に導きます。 低用量ピルは合成エストロゲン(卵胞ホルモン)と合成プロゲステロン(黄体ホルモン)の合剤です。

女性ホルモンの安定化、ホルモンバランスの正常化に効果があるため、男性のにきび治療に低用量ピルは使用できません。

ピルの種類について (マーべロン・ダイアン)

ピルにはたくさんの種類があり、高用量、中用量、低用量ピルがありますが、低用量ピルは副作用も少なく、ニキビの治療には、第三世代低用量ピルを用います。

マーべロン
当院では、マーベロンという第三世代低用量ピルを用います。
他の低用量ピルは、逆にニキビが悪化していまうことがありますが、マーベロンは他と比べてニキビの悪化が非常に少ないのです。

ダイアン
また、ダイアンという低用量ピルも用います。ダイアンは、男性ホルモン受容体をブロックする作用のある、アンドロクールというホルモンが含有されており、男性ホルモンの生成を阻害することから、ニキビ・多毛・男性型脱毛などにも効果が十分にある低用量ピルです。

ドクターに相談してみる
カウンセリングを予約する

▲このページのトップへ戻る

診療メニュー
お悩み別メニュー

目もと・二重
しわ・たるみ
輪郭
しみ・くすみ
肝斑
アンチエイジング
にきび・にきび跡・毛穴
赤ら顔・血管腫
ほくろ・イボ
しわ・たるみ
Tatoo・アートメイク除去・アザ
ボディー
痩身治療
豊胸・バスト
女性器
わきが・多汗症
その他
その他
脱毛
点滴BAR
ドクターズコスメ
花粉症ボトックス
プチ整形(注入治療)
薄毛治療
処方・その他

キャンペーン実施中

麗ビューティーエステ

麗ビューティーオンラインショッピング

居原田麗院長ブログ

増田陽子ブログ