IPL(光治療)

IPL(光治療)とは

IPLとはインテンスパルスライトの略で、有害な紫外線をカットし幅広い波長を持つ、カメラのフラッシュのようなやさしい光で、いわゆるレーザーとは異なる治療器です。

レーザーは単一波長の光を照射するので肌トラブルごとに使い分ける必要がありますが、IPLはフィルターを変えるだけで、様々な波長の光を照射することが出来るため、一つの機器だけで、シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなど、様々な症状の原因に効果を発揮します。
くすみや赤みなど、今まであきらめていた肌トラブルを同時に改善することが可能で、その他にもコラーゲン生成の促進や、お肌の弾力やハリをアップさせる繊維芽細胞の働きを活性化させるため、お肌そのものを若返らせる効果もあります。

施術時間も短く、お肌へのダメージも少ないので、施術直後から洗顔やメイクが可能で、とても気軽に美肌効果を得ることが出来ます。

IPL(光治療)とレーザー治療の違い

IPL(光治療)と比較されるのはレーザー治療ですが、それぞれの種類によって使い分ける必要があるレーザー治療とは違い、様々な症状に対応できるのがIPL(光治療)です。

症状 レーザー治療 IPL(光治療)
赤ら顔
毛細血管拡張症
ダイレーザー(585nm)
ロングパルスYAGレーザー(1064nm)
IPL(500~1200nm)
しみ
そばかす
QスイッチYAGレーザー(532nm)
ルビーレーザー(694nm)
アレキサンドライトレーザー(755nm)
毛穴の開き ロングパルスYAGレーザー(1064nm)
炭酸ガスレーザー(10600nm)

治療を受けた後の経過なども大きく異なるため、ご自身にあった施術内容を選択する必要があります。

  レーザー治療 IPL(光治療)
治療内容 症状によって使い分けが必要 様々な症状を改善
施術期間 1回~短期間 1ヶ月おきに1~4回程度
麻酔 施術内容によっては必要 不必要
施術後 ガーゼやテープなどでの保護が必要な場合がある 直後から洗顔・メイクが可能

こんな方におすすめ

  • しみやそばかすが気になる
  • 肌の弾力が衰えてきた
  • 肌がくすんで化粧のりが悪い
  • ニキビが気になる
  • 赤ら顔で悩んでいる
  • 毛穴の開きが気になる
  • 小じわが目立つようになってきた

IPL(光)+ RF(高周波)のコンビネーション治療
7種のフィルターで、肌悩み別のオーダーメイド治療を実現

  • スキンリジュビネーション全般
  • 血管病変
  • 各種色素疾患
  • にきび など

ウルティマ フォトソールとは

Cavitation 40KHz

IPLは施術時間も短く、肌へのダメージも少ない美肌治療ではおなじみの治療です。 ただし、効果を高めようとして照射出力を強くするとIPLのエネルギーは黒い色に反応するため強い痛みや、やけどのリスクが高くなります。

そこでウルティマ フォトソールでは、IPLの特性を最大限に活かしつつ、色に対して特別な反応をしないRF(高周波)を組み合わせることにより、より少ない出力で安全で、高い効果の期待できる治療を実現しました。

ウルティマ フォトソールの特徴

IPL(光)+RF(高周波)の仕組み
コンタクト冷却システムにより表皮を保護しながらIPLを真皮層へ放出し、皮膚内温度を上げ、抵抗値が少なくなったところに同時にRFを流すことの相乗効果で安全性、施術効果が飛躍的に向上しました。

7種類のフィルターでオーダーメイド照射が可能に
症状に合わせて7種類の波長カットフィルターを使用します。 このフィルターの採用により、貴女の肌悩みに応じたオーダーメイド照射が可能になりました。

より安全に、より効果的に
コンタクトクーリングシステムの採用だけではなく、照射エネルギーを分割照射することで色素沈着や、火傷のリスクを低減。
副作用のリスクを避けながら、大量のエネルギーを照射可能にし、効果的に治療を行えます。

症例写真

症例1

症例2

症例3

症例4

症例5

▲このページのトップへ戻る

当院でのIPL(光治療)セレック

シミ、そばかす、小ジワ、ニキビ、赤ら顔etc.
お肌の悩みを光で解消!最先端のIPL美肌治療

セレックとは

セレックは、420nm~800nmまでの8種類の波長フィルターを利用することで8種類の光を作り出し幅広い治療を行うことができます。
お肌のハリ改善から毛細血管拡張症まで、患者様の症状に合わせた多様な治療が可能です。
従来の治療器が特定波長から下の波長のみをカットしていたのに対し、セレックはデュアルフィルター搭載により特定波長から上の波長もカット。
ターゲットに対して光エネルギーを集中させることで、従来の光治療器に比べ高い効果を得ることができます。

また、独自の温度コントロールにより設定温度を超えると照射されない設計となっているため、やけど等の心配が無く、安心、安全なIPL治療を受けることができます。

セレックの特徴

高い安全性

光治療器を使用する施術は、肌内部に熱ダメージを与えることで症状を改善していきます。
しかし、高い熱エネルギーを使用すれば火傷のリスクを伴います。
セレックは最新のリアルタイム表皮温度モニターシステムを搭載していて、設定温度を超えると照射ができないように安全設計されています。
これにより、必要以上に高い出力で照射することもなく、安全な施術が可能です。

様々な症状を1台で治療

420nm~800nmまでの8種類の波長フィルターが備わっていて、お肌のハリ改善や毛細血管拡張症、しみ・そばかすなど、状態に合わせて、様々な治療を行うことができます。

ピークパルスで最大限の効果

  • 従来器 スクエアーパルス
    従来器 スクエアーパルス
  • セレック ピークパルス
    ピークパルス

従来のIPL(光治療)は、火傷のリスクなどを回避するため、比較的マイルドな「スクエアーパルス」による治療が主流となりつつありました。
これは一定した光を照射することで、肌への熱伝導を効率的に行うことが出来ますが、高いパワーで照射することは難しいので、治療効果がマイルドだと言われています。

そんな中、セレックはピークパルスを採用。高いピークパワーによる施術が行えるので、色素疾患治療などに高い効果を発揮します。

治療の流れ

 

カウンセリング
医師とのカウンセリングで、気になる症状や部位をお伺いしお肌にあった治療法をアドバイスさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

 

クレンジング
洗顔を行います。施術を行う前には低刺激の洗顔料、クレンジングを用いての洗顔が重要となります。

 

施術
お肌を保護するジェルを塗り熱伝導を助け、過剰な熱からお肌を守ります。

 

施術後
施術後は少し熱間が残りますが、メイクをしてすぐにご帰宅いただけます



IPL(光治療)の経過および注意

施術後は多少の熱間が残る場合がありますが、お肌がほんのり赤くなる程度で痛みはありません。すぐにお化粧をしてお帰りいただけます。

治療のペース

症状によって異なりますので、詳しくは医師にお問い合わせください。

▲このページのトップへ戻る

IPL(光治療)の施術料金

部位 回数 定価
頬のみ2パス 1回 ¥25,000
4回コース ¥85,000
顔全体2パス 1回 ¥35,000
4回コース ¥119,000

※全て消費税抜きの金額表記となっています。

IPL(光治療) よくあるご質問

施術時に痛みはありますか?

輪ゴムではじいたような痛みがあります。気になる場合には医師にご相談ください。

ダウンタイムはありますか?

ダウンタイムはありません。施術後にわずかに赤みが残る程度です。 しかし、施術後のお肌は日光の影響を受けやすくなっておりますので、日焼け止め、帽子、日傘などで充分な紫外線対策を行ってください。

 

施術時間はどのくらいですか?

10~30分程度です。部位によって前後します。 詳しくは担当医にご相談ください。

ドクターに相談してみる
カウンセリングを予約する

▲このページのトップへ戻る

診療メニュー
お悩み別メニュー

目もと・二重
しわ・たるみ
輪郭
しみ・くすみ
肝斑
アンチエイジング
にきび・にきび跡・毛穴
赤ら顔・血管腫
ほくろ・イボ
しわ・たるみ
Tatoo・アートメイク除去・アザ
ボディー
痩身治療
豊胸・バスト
女性器
わきが・多汗症
その他
その他
脱毛
点滴BAR
ドクターズコスメ
花粉症ボトックス
プチ整形(注入治療)
薄毛治療
処方・その他

キャンペーン実施中

麗ビューティーエステ

麗ビューティーオンラインショッピング

居原田麗院長ブログ

増田陽子ブログ